バスガイドのカリスマを目指して


by eqbyt1imtb
 「新党改革」の舛添要一代表らが23日、参院選比例代表の略称を「ますぞえ新党」にいったん決めながら、公職選挙法に抵触しかねないとして、取りやめるハプニングがあった。
 公選法は第86条で「政党の名称及び略称は、代表者や参議院名簿登載者の氏名が類推されるような名称及び略称であってはならない」と定めており、党内で「ますぞえ新党」はこれに触れる可能性が高いとの指摘が上がった。
 「誰にでも親しまれる名前をと決めたんだが…」と党関係者。舛添氏の高い知名度を最大限活用しようと考えついたアイデアだったが、あえなく頓挫。略称は結局「改革」で落ち着きそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)
<訃報>星野安三郎さん88歳=立正大名誉教授(毎日新聞)
「紹介された女の子は質高い」 路上スカウト…雇用 容疑で風俗店経営者ら初摘発(産経新聞)
[PR]
# by eqbyt1imtb | 2010-04-24 02:02
 子どものライター火遊びによるとみられる火災が相次ぐ中、消費者庁や経済産業省など関係10省庁の担当者が被害拡大防止策を話し合う「消費者安全情報総括官会議」が15日、消費者庁で開かれ、家庭に眠っている使い捨てライターの回収に乗り出すかどうか検討することを決めた。

 ライターは年間6億個以上が市場に出回り、そのうち相当数が家庭や乗用車内に放置され、子どもの火遊びにもつながると考えられている。

 回収を提案した消費者担当の大島敦・内閣府副大臣は会議後の記者会見で、「各家庭にあるリスクをどう軽減するかが、ひとつの事故防止に対するアプローチになるはず」と述べた。

 ただ、実際にどれだけのライターが放置されているのか推計はなく、大量の危険物となるライターをどのように回収・処分するかという課題もあり、具体的な検討は今後議論することになった。

自衛隊に初の女性基地司令「積極的PR、親しんでもらう」(産経新聞)
ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」(産経新聞)
<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)
地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)
<ローソン>3000万円要求の脅迫文書が届く…警視庁捜査(毎日新聞)
[PR]
# by eqbyt1imtb | 2010-04-21 11:07
 村上春樹さんの長編小説「1Q84」の第3巻「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉発売。一部終夜営業の書店では同日午前0時から販売され、東京都港区の青山ブックセンター六本木店でも待ちかねた客が話題の続編を次々と購入。一番乗りした目黒区の自営業、佐藤智彦さん(37)は「少しでも早く読みたいと思って買いに来ました。楽しみに読みます」と喜んでいた。

 昨年5月刊行のBOOK1と2は計244万部の大ヒット。品切れ店が続出したことから、BOOK3は初版50万部が用意された。すでに20万部の増刷が決まっており、ベストセラーが確実視されている。

【関連記事】
「1Q84」が300万部突破
「1Q84」続編 初版50万部
「1Q84」第3巻、4月16日に発売
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表
映画「ノルウェイの森」透明感と官能 村上春樹の世界を緻密に映像化
外国人地方参政権問題に一石

<伊万里市長選>塚部氏が3選 佐賀(毎日新聞)
<長崎警官重軽傷>容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配(毎日新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
首相、岡田外相の竹島発言に「政府の考え方変えてない」(産経新聞)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)
[PR]
# by eqbyt1imtb | 2010-04-17 07:29
 標高3千メートルを超える北アルプス、立山連峰を貫き長野と富山の両県を結ぶ立山黒部アルペンルートが17日に全面開通する。昨年は103万7千人の観光客が訪れた人気スポットでは、除雪や点検作業などオープンに向けた追い込み作業が続いていた。6日には訓練や点検作業などの様子が報道陣に公開された。

 立山黒部アルペンルートは関電トロリーバスの起点となる扇沢(おうぎさわ)(長野県大町市)と立山ケーブルカーが出発する立山駅(富山県立山町)を結ぶ山岳観光ルート。

 長野側から黒部ダム(1470メートル)に向かう際、扇沢からトロリーバスで関電トンネルを抜ける。昨年3月にフジテレビで放映され話題を呼んだ「黒部の太陽」の舞台にもなった関電トンネルでは事故を想定した訓練が行われた。関係者約60人が参加し、災害発生時の初期対応や避難誘導などを確認した。消火訓練ではトンネルの側溝を流れる湧水をポンプでくみ上げ鎮火させた。

 次に立山ロープウエー「大観峰」駅(2316メートル)ではロープウエーのゴンドラ上で作業員による点検作業が実施された。大観峰までは、黒部湖からケーブルカーで黒部平(1828メートル)まであがり、さらにロープウエーを利用してたどり着く。立山ロープウエーは途中に支柱が一本もなく、点検作業は横風との戦いでもあるという。

 ルートの最高地点である室堂(2450メートル)前のターミナル駐車場では8台のブルドーザーが除雪作業を急ピッチで進めていた。両側にそそり立つ雪の壁「雪の大谷」が同所を起点に散策ができ、今年の壁の大きさは16メートル程度になるという。最近ではGPS(衛星利用測位システム)で10メートル以上雪に埋もれた道路を特定でき、効率よく除雪作業ができるという。

 オープンに向けた準備作業は着々と進み、10日には長野側がJR信濃大町駅から室堂まで、富山側が電鉄富山から弥陀ケ原(みだがはら)(1930メートル)まで部分開通する。17日には全線が開通し、今季のアルペンルートが幕開けする。

【関連記事】
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備
元バス運転手を書類送検 4月のアルペンルート横転
立山黒部アルペンルートで感謝月間 お得な切符発売
アルペンルート「七曲がり」でバス横転 乗客ら軽傷
15メートルの雪の壁が歓迎 立山アルペンルート全線開通
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<雑記帳>愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
<黄元書記>「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」(毎日新聞)
ISS 山崎さんと野口さん初の共同作業(毎日新聞)
[PR]
# by eqbyt1imtb | 2010-04-12 13:38
 自民党の与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは5日夜、都内で8日の新党結成に向けて準備会合を開く。党名や基本理念、政策などについて詰めの調整を行う考え。同党を離党した鳩山邦夫元総務相が結党メンバーに入るかどうかが焦点だ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検(産経新聞)
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委(医療介護CBニュース)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
<プルサーマル>営業運転開始 伊方原発(毎日新聞)
[PR]
# by eqbyt1imtb | 2010-04-07 01:28